夏の月御油より出でて赤坂や

by松尾芭蕉

今も『江戸の昔の東海道』に興味を持つ観光客が歩く姿をよく見かけます!

あの辺では唯一残っていた江戸時代の宿場「大橋屋」でしたが少し前に廃業となり、建物が豊川市に寄贈されました。

本格的な調査と耐震改修工事が今月から始まるそうです。工事は2年ほどかけて、いろんな調査も含め行われる見込み。今の姿を見られるのが最後ということで、先日特別公開されていました。

行くしかないでしょ!

と、チームの関係者も覗きにいきました。

と、いうのも。。。

【音羽華炎】はまさにこの赤坂宿を舞台に踊っています!

曲やMCのセリフにも昔は歓楽街だった東海道赤坂宿が唄われています。中でも赤が艶やかな衣装をまとう女振りパートは当初の「飯盛女」をイメージしていて華やか。

芭蕉が歌った『夏の月 御油より出でて 赤坂や』は夏の月を楽しめる時間は、御油宿から赤坂宿の距離ほどに短い』と意味だとか。

歌詞には他にも、東海道赤坂宿のエリアにまつわるいろんなキーワードが唄われています^ - ^
あまり学識もありませんが、地元赤坂の情報を少しずつご紹介していきたいと思っております。

OTOWA KAEN

愛知県の東三河をよさこいで盛り上げたい! 旧 東海道赤坂宿を舞台に颯爽、艶やかに舞う よさこいチーム音羽華炎のサイトです

0コメント

  • 1000 / 1000